20160703「6m AND DOWN コンテスト」

Pocket

アマチュア無線の世界における競技会として各種コンテストがあります。その中でも全国規模のコンテストで4大コンテストの1つである「6m AND DOWN コンテスト」が7月2日の21時から3日の15時まで開催されました。

自分はまだコンテスト自体には応募する気はないのですが、参加されている方の得点になればということと、どんな流れになるのかという勉強も兼ねて時間限定(1時間30分程度)で参加させてもらいました。

交信数が競技(ポイント)そのものですから、機械的にどんどん進める局さんが多いのは至極当然ですが、「PAPA(下記注)の割に良くきてますね〜」等フレンドリーに「コンテスト楽しみましょう!」と言ってくださる局長さんもおられ、皆さん様々なスタイルでコンテストに臨んでいらっしゃるなと感じました。いろんなスタイルがあっていいですね。

(注)当方がQRP(空中線電力が5W以下)運用のため、コンテストナンバー交換時(コンテスト毎に交換するナンバーの規約あり)の「空中線電力を表すアルファベット1文字」は「P」(フォネティックコードはPAPA)。相手局RSレポートが59の場合、自局の運用場所を示す都府県・地域等ナンバー(自分は埼玉県から運用しているため13)を添えて、「5913P」(ごーきゅーひとさんぱぱ)と交信。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 FM 430MHz 5W
空中線 DIAMOND VX30
No 相手
コンテスト
ナンバー
自局
コンテスト
ナンバー
261 5913M(埼玉) 5913P
262 5913M 5913P
263 5918L(静岡) 5913P
264 5911P(神奈川) 5913P
265 5910M(東京) 5913P
266 5909M(長野) 5913P
267 5914M(茨城) 5913P
268 5914M 5913P
269 5913M 5913P
270 5912M(千葉) 5913P
271 5910M 5913P
272 5916L(群馬) 5913P
273 5914M 5913P
274 5910M 5913P
使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB 144MHz 5W
空中線 DIAMOND VX30
No 相手
コンテスト
ナンバー
自局
コンテスト
ナンバー
275 5910M 5913P
276 5913M 5913P
277 5913M 5913P
278 5915M 5913P

6m AND DOWN コンテスト

いつもと違ってOP名やQTH(運用場所)を聞く時間がないため、紙ログには淡々とコンテストナンバーの記載が連なります。本来、お互いのコールサインとRSレポートの交換が完了すれば交信が成立するため必要最小限なのでしょうが、いつもの交信とは違うので少し違和感がありますね。

Pocket