20160807さいたま市西区移動運用(第59回フィールドデーコンテスト)

Pocket

昨日8月6日に引き続き「第59回フィールドデーコンテスト」に参加。
「コンテスト参加の目的で常置場所を離れ移動運用する局かつシングルオペ限り、運用開始時のマルチプライヤー内の運用場所変更を認める。」と規約にありましたので自分は埼玉県内の移動は可能ですが、2日目も同じ場所で移動運用を行いました。

HF帯用アンテナ
HF帯用アンテナYAESU ATAS-25を設営。この小さいアンテナと出力で8エリアと交信できました。

2日目は朝からHF帯での交信を狙い朝6時に運用開始できるよう5時半頃からHF用アンテナ設置の準備を始め、21MHz帯から運用を始めました。21MHz帯では主に8エリア(北海道)を始め、5エリア(中国)、6エリア(九州)と遠くの地域とQSOすることが出来ました。

21MHZで国内遠方と
21MHzで8エリア始め国内遠方と交信することが出来ました。写真は北海道胆振支庁との交信直後。

28MHz帯運用も含めると、8エリア(北海道)は宗谷、留萌、空知、後志、釧路、胆振と多くの地方と交信でき、北海道以外では青森、岩手、広島、福岡と、国内の遠方と交信が出来ました。各局さん、ありがとうございました。

自己集計したところ、次のような結果となりました。
マルチとは「マルチプライヤー」の略で「交信相手局の運用場所を示す都府県・地域等。ただし、バンドが異なれば同一都府県・地域等でもマルチプライヤーとする。」と規約にあり、北海道は支庁地域、他は都府県が主なマルチの単位です。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB   21MHz 5W
SSB   28MHz 5W
SSB   50MHz 5W
SSB  144MHz 5W
FM  430MHz 5W
空中線 21〜50MHz:
YAESU ATAS-25
144〜430MHz:
DIAMOND SG7500
バンド 交信数 得点 マルチ
21MHz 14 14 11
28MHz 5 5 5
50MHz 1 1 1
144MHz 20 20 7
430MHz 33 33 8
合計 73 73 32

総得点は得点73マルチ32を乗じ、さらに局種係数2を乗じて総得点4,672点となりました。
局種係数は移動運用の種類に応じて変わる係数で、2となるのはフィールドデーステーションAで、これは「コンテストに参加する目的で移動している局をいう。この場合の移動先は既設の無線設備がなく既設の電源もない場所であること。」と規約に提示されており、今回の運用はこれに該当するため「2」となります。

コンテスト結果
初めて電子ログソフトを用いて提出用ファイルも作成し、メールでの提出も完了。

今回、エントリーした参加部門は「電信電話」(免許上電信は出来ないのですが出力5W以下の種目はここしかないため)、種目は「シングルオペQRP」です。昨年のコンテスト結果ではこの参加部門及び種目の参加局は62局で、総得点4,672点というのは17〜18位程度にあたるのかなと思えました。もちろん、毎年条件が異なりますし、まだ審査も受けてませんから失格にならないとも言えませんが、コンテスト初参加で右も左もわからない状態でしたが一気通貫で一通り実施できたことで、まずは経験値アップ出来たことで今回は満足ではあります。

【追記】
2016年11月18日に審査結果発表があり、得点は上記の自己計算のとおりでしたが、参戦した部門・種目・エリアで16位(全国71人中)となり、ほぼ想定どおりの結果となりました。まずは得点が自己計算で合っていたこと、失格となる内容がなかったことでまずは初参戦無事に終えることができました。FDコンテスト順位

Pocket