20170226自宅固定運用

昨日、移動運用先から帰宅したところ偶数月末のためQSLカードが届いており、また、昨年秋に少しだけ参加した泉州サバイバルコンテストの結果も届いておりました。

QSLカードの整理をしながら430MHzメインをワッチし、1局さんと交信出来ました。ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 FM  430MHz 5W
空中線 DIAMOND VX30
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1628 埼玉県羽生市 53 51

20170225埼玉県秩父郡東秩父村移動運用(二本木峠)

本日は埼玉県で唯一の村である秩父郡東秩父村から移動運用です。秩父高原牧場の駐車場からよく交信している局さんが多いのですが、モービルホイップだと出来そうですが、ポール上げて八木アンテナ立てては、シーズンオフですが目立ちそうです。そこで、そこから数km進んだ二本木峠付近から運用することにしました。
現地には6時前頃に着き、アンテナの準備をしている頃にちょうど朝日が上り始めました。まだ峠の早朝は暗く寒いです。

1時間半ほど運用した後に、近場の低山トレッキングに。車を停めた二本木峠から愛宕山皇鈴山へと往復しました。往復でも1時間かからない程度の時間で道も迷うことなくのんびりと自然を散策できました。

再び車に戻り引き続きQRV。6m(50MHz)と2m(144MHz)、430MHzで今回はすべてSSBモードでお相手いただきました。各局さん、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB   50MHz 5W
SSB 144MHz 5W(No.1619〜1625)
SSB 430MHz 5W(No.1627)
空中線   50MHz:Radix RY-64C
144MHz:DIAMOND X5000
430MHz:DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1599 川崎市宮前区 59 59
1600 横浜市栄区 53 55
1601 千葉県木更津市 59 59
1602 茨城県笠間市 58 55
1603 東京都八王子市 58 55
1604 埼玉県草加市 59 59
1605 横浜市金沢区 59 57
1606 千葉県柏市 59 59
1607 東京都北区 59 59
1608 千葉市稲毛区 59 59
1609 栃木県宇都宮市 59 57
1610 千葉県館山市 59 55
1611 相模原市緑区 58 59
1612 埼玉県秩父郡小鹿野町 59 59
1613 埼玉県秩父郡東秩父村(登谷山) 59 59
1614 千葉県成田市 59 59
1615 東京都大田区 58 58
1616 埼玉県秩父郡東秩父村移動 59 59
1617 群馬県みどり市移動(荒神山) 59 59
1618 茨城県鹿嶋市 59 57
1619 東京都小平市 59 59
1620 埼玉県深谷市 59 59
1621 神奈川県愛甲郡愛川町移動(仏果山) 51 52
1622 千葉県市原市 59 59
1623 さいたま市南区 59 59
1624 東京都町田市 51 51
1625 さいたま市中央区 59 59
1626 茨城県常陸太田市移動(里見牧場) 59 59
1627 東京都北区 59 59

20170219さいたま市西区移動運用

昨日に引き続き6mの運用をいつも移動運用をしている近場の河川敷で実施しました。

今日は初日の昨日に比べて部品を一から取り付けることがないため、組立時間が短縮となりました。昨日メジャーがなく測れなかった取り付け位置も微調整し、マジックで印をつけたりもしました。

ただ、組み立てる途中でクロス・マウントのU字ボルトが曲がってしまいナットが動かなくなってしまいました。結局捻じ切るしかなくなり、エレメント・ブラケット側のU字ボルトを代用し、エレメント・ブラケットは結束バンドで仮止めして運用しました。素材が柔らかくかなり簡単に曲がってしまうようなので注意が必要です。帰りにも1本ダメにしてしまったので、ホームセンターで代用できるサイズで丈夫そうなU字ボルトを入手して付け替えました。

青空に映える
昨日は曇り空でしたが、今日は冬晴れの快晴。青空にアンテナが映えます。

昨日はある程度標高のある場所からの運用でしたが、今日は標高がない代わりに河川敷で周りに障害物がない場所です。その中でも4エレ八木アンテナは威力を発揮してくれ、各局さんから良いレポートをいただけました。交信いただいた各局さん、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB   50MHz 5W
FM  430MHz 5W(No.1590〜)
空中線   50MHz:Radix RY-64C
430MHz:DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1585 東京都武蔵村山市 59 59
1586 埼玉県秩父郡東秩父村移動(秩父高原牧場) 59 59
1587 相模原市緑区 59 59
1588 東京都西多摩郡檜原村移動 59 59
1589 東京都青梅市 59 59
1590 埼玉県志木市 59 59
1591 東京都西多摩郡檜原村移動 54 51
1592 川崎市多摩区 59 59
1593 相模原市緑区 59 59
1594 栃木県栃木市 51 51
1595 さいたま市西区 59 59
1596 埼玉県加須市 41 51
1597 さいたま市北区移動 59 59

20170218埼玉県比企郡ときがわ町移動運用(弓立山中腹)

先日の関東UHFコンテストでは430MHz以上の周波数帯だったために出番がなかった、2月4日に購入した6m用4エレ八木アンテナ(Radix RY-64C)を初めて使用するため、ときがわ町の弓立山付近に移動しました。初めて行く場所でしたが、以前にここから運用されていた局さんもあり、よく聞こえていましたので移動運用地の候補としていました。

Web上では山頂まで車で行くことが可能との情報がありましたが、実際に行ってみると山頂まであと少しの所に新しいゲートがあり閉まっていました。その手前に駐車スペースらしきものはあり、そこから登山道が始まっていましたので、まずは歩いて登ってみることに。

山頂までは10分程度で到着しました。特に登山道ということもなく、簡単に登れてしまいます。山頂は標高427mと低山ですが、赤城山、日光の山々、東に筑波山、南東方向に東京都心が望め、北から南までぐるっと開けた良いロケーションです。

ただ、本日のメインイベントはここでの運用ではなく6mの4エレ八木アンテナを初めて組み立てて運用することですので、朝食を摂りながらワッチのみして下山しました。

途中でゲートが閉じていたアスファルトの道路も山頂付近まで延びているので、下りはそちらから。ゲート脇は人であれば通れましたし、車のあるところまで下るのも10分程度です。

早速、先日購入したRadix社の4エレ八木アンテナRY-64C操作説明書はこちら。)を開封することに。備忘的に写真を多く掲載していますのでご了承ください。

初めて八木アンテナを組立てたのですが、最初は部品も全てバラバラに入っていることと写真撮影もあり組立に約2時間かかってしまいました。一番困ったのはメジャーを持って行かなかったため、ブームにエレメント・ブラケットやクロス・マウントを取り付ける際に位置を正確に計れなかったことです。これが今回の大きな失敗でした。それでもロープなどを使ってなんとかセットしました。

取付位置
メジャーがなかったため説明書に記載されていた正確な位置に取り付けが出来ませんでした。

ブームとエレメントを組立て終わりアンテナらしい形が出来上がると、思った以上に大きい事に気付きました。正直、5エレや6エレでなくて良かったとほっとしたところです。重さは2.8kgとさほど重くはありませんが、大きいので持ち上げた時は周りにぶつけないか注意が必要です。伸縮ポールにセットする時も給電部が上に来るのが正しい(後から教えて頂きました。)のですが、どちらかわからずに今回は給電部が下になった状態であげています。それでも初めて空に八木アンテナをあげて満足感でいっぱいでした。

さっそく、交信を行なってみました。これまで6m(50MHz)はほぼ運用したことがなかったため、初めてQSO(交信)頂いた局さんも数多く、またこれまで交信頂いた局さんも初めて6mで繋いで頂いたケースも多くあり、大変多くの局さんと交信が出来ました。各局さん、ありがとうございました。

「出力5wとは思えない」というお話も複数いただき、このアンテナの威力かなと、購入して正解だったと感じたところです。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB   50MHz 5W
FM  430MHz 5W(No.1570〜1573)
空中線   50MHz:Radix RY-64C
430MHz:DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1545 相模原市緑区 59 59
1546 東京都北区 59 59
1547 東京都杉並区 59 59
1548 千葉県成田市 59 59
1549 相模原市南区 58 51
1550 相模原市緑区 59 59
1551 埼玉県新座市 59 59
1552 東京都立川市 59 59
1553 東京都江戸川区 59 59
1554 千葉県袖ケ浦市 41 51
1555 東京都台東区 59 59
1556 千葉県市川市 59 59
1557 千葉市稲毛区 59 59
1558 東京都板橋区 59 59
1559 千葉県市川市 59 59
1560 相模原市緑区 59 59
1561 東京都文京区 59 57
1562 東京都文京区 59 55
1563 さいたま市岩槻区 59 59
1564 東京都稲城市 59 59
1565 東京都港区 59 55
1566 千葉県松戸市 59 59
1567 東京都東村山市 59 59
1568 東京都板橋区 59 59
1569 山梨県南都留郡鳴沢村 58 53
1570 群馬県前橋市 51 51
1571 栃木県足利市 59 59
1572 埼玉県入間市 59 58
1573 千葉県我孫子市 52 53
1574 さいたま市南区 59 59
1575 東京都江戸川区 58 56
1576 千葉県柏市 59 56
1577 千葉県成田市 59 53
1578 埼玉県秩父郡東秩父村 59 58
1579 東京都墨田区 59 56
1580 埼玉県白岡市 59 58
1581 埼玉県所沢市 59 59
1582 埼玉県川越市 59 57
1583 埼玉県入間市 59 59
1584 埼玉県川口市 57 59

20170212自宅固定運用

昨日参戦した関東UHFコンテストの集計作業をフリーロギングソフトCTESTWINで実施。昨日も途中から交信数が伸びないなと感じていたのですが、集計すると顕著です。埼玉コンテストでは終始当局からCQを出していたのですが、やはりそれだけでは交信数は伸びませんでした。かといって、途中から呼びかけにシフトしようとすると紙ログ(紙にコールサインとコンテストナンバーを記述)の自分はDupe(同じ局との重複交信)が懸念されるため慎重になって時間がかかってしまいます。やはりコンテストの時はパソコン等を導入して素早く検索できる仕組みを作る必要性があると感じました。

10時台までは1分1局のペースで交信できましたが、午後からの交信ペースが極端に落ちています。

集計作業を進めながら430MHzメインをワッチし、主に移動局をメインにお声がけ。思いがけず自宅から1kmも離れていない超ローカル局さんとも交信することが出来ました。各局さんありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB 430MHz 5W(No.1538)
FM  430MHz 5W
空中線 DIAMOND VX30
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1538 埼玉県飯能市移動(刈場坂峠) 51 41
1539 埼玉県秩父郡東秩父村移動 51 51
1540 埼玉県和光市移動 59 59
1541 栃木県佐野市移動 52 54
1542 埼玉県川越市移動 51 55
1543 さいたま市見沼区 59 59
1544 さいたま市大宮区 59 59

20170211埼玉県入間郡越生町移動運用(第34回関東UHFコンテスト)

第34回関東UHFコンテストが2017年2月11日に開催されました。これまでのコンテストではUHF帯は車に基台で直接接続したモービルホイップアンテナでの交信が殆どでした。今回は初めて、先日購入した伸縮ポールをタイヤベースで固定しポールの先端にGPアンテナ(DIAMOND X5000)をセットしたスタイルでの参戦です。

その前に2月9日に関東地方で降雪があり、標高の高い移動運用地への移動が心配されました。車は4WDでスタッドレスタイヤも装着しているものの、ちょっとした雪でも道自体が通行止めになってしまう事もあり、移動運用予定地まで辿り着けるかが懸念されました。

実践で伸縮ポールとGPアンテナの組み合わせも初めてなのと運用場所確保のため、早朝(深夜)3時に自宅を出発しました。目指すは1月9日の埼玉コンテスト時と同じ野末張見晴台です。

途中、道路に雪が残っていたものの通行止めまでには至らず、無事に目的地に到着しました。到着時はまだ真っ暗で都心方向の夜景が綺麗に見えていました。一旦仮眠した後、6時半頃からアンテナセットの準備に入りました。

ご来光
朝の霞が広がる中、6時半過ぎにようやく太陽が顔を出してきました。

準備が7時過ぎに完了し、テストと運用周波数確保を兼ねて通常QSOを時間まで実施しました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 FM 430MHz 5W
空中線 DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1325 東京都文京区移動 59 59
1326 埼玉県入間郡越生町移動(黒山展望台) 59 59
1327 東京都杉並区 59 59
1328 埼玉県飯能市 59
1329 埼玉県児玉郡上里町 51 58
1330 埼玉県久喜市 59 59
1331 東京都葛飾区 54 55
1332 東京都立川市 59
1333 東京都北区 59 51
1334 埼玉県戸田市 59 59

9時からはコンテストに入りました。UHFコンテストのため430MHz以上の周波数帯での交信が対象ですが、自分が対応できるのは430MHzのみです。300QSOを目指してCQを出し続けていましたが思ったよりペースが上がらず、途中こちらから呼び周りも行いましたがそれほど交信数は伸びませんでした。

結果的にQSO数は埼玉コンテスト時よりも下回る203QSOと111マルチ(関東地方の市・郡との交信数)でポイントは22,533点(速報値)となりました。結果としては昨年の20位を下回るような得点で終了しましたが、1日で数多くの局さんと交信できて大変嬉しく思います。交信いただいた各局さん、ありがとうございました。

四季彩館
帰りにときがわ町の方に周り、四季彩館の温泉に入って帰路につきました。

以下、後日コンテスト用のフリーロギングソフトCTESTWINで集計した内容になります。

ポイント
時間帯別QSO数パレート図
東京都マルチ(赤が交信できた地域)
神奈川県マルチ(赤が交信できた地域)
千葉県マルチ(赤が交信できた地域)
埼玉県マルチ(赤が交信できた地域)
茨城県マルチ(赤が交信できた地域)
栃木県マルチ(赤が交信できた地域)
群馬県マルチ(赤が交信できた地域)

【追記】
2017年8月12日(8/17修正)に審査結果発表があり、得点は上記の自己計算のとおりでしたが、参戦した部門・種目で20位と入賞には到底至りませんでした(5位まで入賞)。

20170817KantoUHFResult
関東UHFコンテストの結果

20170205自宅固定運用

昨日購入した伸縮ポールとタイヤベースが翌日には届くということで、出かけずに家で待機しておりました。14時位に到着。かなり大きな荷姿でした。

荷姿
購入した富士無線さんには在庫がなくフジインダストリーさんから翌日直送されました。

試運転に出かけようかと思いましたが、雨がポツリポツリと降ってきたため、本日は諦めて後日テストしてみます。とはいっても2月11日の関東UHFコンテストには使用したいため、それまでに組み立て方は最低限マスターしておきたいものです。

荷物の到着を待ちながら430MHzメインをワッチし、3局さんと交信出来ました。ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 FM  430MHz 5W
空中線 DIAMOND VX30
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1319 東京都西多摩郡日の出町移動(梅ノ木峠) 53 55
1320 茨城県つくば市移動(筑波山) 59 53
1321 埼玉県狭山市 56 59
伸縮ポール組立テスト
後日、伸縮ポールとタイヤベースの組立テストを実施しました。遠くに富士山が見えます。

20170204伸縮ポールと新アンテナの購入

2月になりました。昨年4月からアマチュア無線の運用を始めましたので、まもなく2年目に入ろうとしています。1年目は主に近場を中心にした430MHz帯でのFM運用がメインでしたが、少しHF帯で沖縄や北海道、遠くはグアム、サイパンといった遠方とも交信が出来ました。

ただ、交信が出来たのは電波を反射する空中の電離層コンデションが落ち始める真夏から秋にかけてでした。この電離層のコンデションが良くなり、またスポット的に思いがけず遠距離と通信可能になるスポラディックE層(略してEスポと良く言われてます。)というのが活発になるのが5月〜7月にかけてということで、昨年はその時期を逃してしまっています。

そこで、今年は十分な準備をして迎えようということで、特に6m(50MHz)はいつもは見通し距離しか届かない電波が、Eスポが発生すると北海道や沖縄とローカル局のように交信が出来る(そのため”マジックバンド”と呼ばれている模様)とのことなので、今年は6mを中心に取り組もうと思い、新しく道具類を追加購入することにしました。用意したかったものは、ざっと次のとおりです。

  • アンテナを上げるためのポール(伸縮して高さ4m〜6mになるタイプ)
  • ポールを立てるための台(車のタイヤで踏みつけて安定させるタイプ)
  • 6m(50MHz)用の大きめのアンテナ
  • 2m(144MHz)、430MHz用の大きめのアンテナ

知識の乏しい私は自分でもWebで事前調査しましたが、実際に使用された事のあるTwitterのフォロワーさんに色々とアドバイス頂いた事を最も参考にさせて頂きました。フォロワーの皆さま、ありがとうございました。その結果、

  • 伸縮ポール:ジュラルミン製伸縮ポール(フジインダストリー:FSP-505D
    多くの方に支持、アドバイスを頂きました。通常のアルミポールより丈夫で多少の風でも気にならない、一生モノになる、丈夫、抜群の信頼性などといった意見が多く、値段は結構しますがやはり安全第一なのと、長く使えそうだと判断してこちらの製品にしました。
  • タイヤベース:FSPポール専用組立式タイヤベースS型(フジインダストリー:FTB-56S
    上記の伸縮ポールを立てるため、車のタイヤで踏みつけて安定させるL字型のポールスタンドで、ちょうどこの伸縮ポール用に設計されたものです。
  • 6m(50MHz)用アンテナ:4エレ八木アンテナ(Radix RY-64C)、モービルホイップ(DIAMOND HF6CL
    HB9CV型のアンテナと迷いましたが、以前よりRadix社のアンテナは移動運用を考えた設計になっていて使い易いという評判もあり、また店頭に在庫もあったためこちらを選択。また、天候が悪い時にも運用出来るようにモービルホイップも1本選択。センターローディング式が良いと聞いていたため、いつも使っている第一電波工業の製品からチョイス。
  • 2m(144MHz)、430MHz用アンテナ:GPアンテナ(DIAMOND X5000
    こちらもTwitterのフォロワーの皆さまよりいろいろご意見頂き、もう少し大きいX7000X520も薦められたのですが、店頭在庫やメーカー在庫もないという型番もあり、またこれより短いX5000を実際に見ても凄く長く感じたこと、継ぎ目があるタイプは固定局には向いているが、移動運用時に毎回継ぎ目を合わせているとダメになってくる話も聞いてX5000を選択しました。

    今回は伸縮ポールのフジインダストリーさんの取扱販売店である富士無線電機秋葉原店さんでアンテナも含めて全て購入しました。購入にあたり実際に移動運用経験豊富なスタッフの方にいろいろとアドバイスも頂き、大変助かりました。ありがとうございました。

    富士無線電機秋葉原店
    今回は全て富士無線電機秋葉原店さんで購入。いろいろアドバイスも頂きありがとうございました。

20170204さいたま市西区移動運用

秋葉原で新しいアンテナ類を購入したので、早速6mのモービルホイップのテストを兼ねて、自宅近くの河川敷にて移動運用しました。

HF6CL装着
いつものモービルアンテナ基台を使ってアンテナを付け替えてみました。

購入した第一電波工業のHF6CLをいつも使っているSG7500と取り替えて装着してみました。全長で2.2mあるので、ケースには上部エレメントとそれ以外に分かれて入っており、使用するときに六角レンチを用いて上部エレメントを取り付けて固定しますが、それほど手間ではありません。モービルホイップは簡単に運用開始できるのが良いですね。

上部エレメントの長さ調整はまだ出来ていないため、ちゃんと受信・送信できるかのテストだけでもと思いましたが、6m(50MHz)は2局さんと交信することができました。ありがとうございました。他に430MHzは予備のモービルアンテナMR73Sにて交信しました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB  50MHz 5W
→No.1307、1312
FM 430MHz 5W
→他
空中線 DIAMOND HF6CL
DIAMOND MR73S
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
1307 東京都西多摩郡日の出町移動 58 55
1308 横浜市港北区 59 59
1309 埼玉県飯能市移動 59 59
1310 埼玉県戸田市 59 53
1311 埼玉県戸田市移動 54 57
1312 埼玉県戸田市移動 54 45
1313 さいたま市桜区 54 54
1314 埼玉県朝霞市 59 59

この後、自宅に戻って3QSO。その中には今回のアンテナ購入にあたっていろいろとアドバイス頂いたtwitterフォロワーさんもいて、購入時の話で盛り上がりました。