20170702埼玉県比企郡小川町移動運用(第47回(2017)6m AND DOWNコンテスト)

昨日に引き続き2日目の朝は5時から交信スタート。6m(50MHz)、2m(144MHz)、430MHzを行ったり来たりしながら少しずつ交信数を15時まで伸ばしました。

2日目運用
コンテスト運用も2日目に突入。今回は24時間ではなく18時間のため2日目15時までの運用です。
20170702Rate
コンテスト期間中18時間のQSO数の推移です。最終的なQSO数は403QSOでした。
20170702Points
3バンド合わせて交信数403×マルチ38=15,314点が今回の得点(速報値)でした。
20170702Multi_50
50MHzで交信できた都道府県・地域です。
20170702Multi_144
144MHzで交信できた都道府県・地域です。
20170702Multi_430
430MHzで交信できた都道府県・地域です。

まだ時期的にEs(スポラディックE層)による6m(50MHz)の遠方エリアとの交信は醍醐味で、それでマルチを如何に増やせるかが鍵になると感じました。幸いにも北海道、東北、信越エリアとも繋がる事が出来、交信そのものを楽しむ事が出来ました。

15時でコンテスト終了。まだ速報値のため、コールサインのミスコピーやその他減点となる事もあると思いますが、15,314点となることが出来ました。今回のコンテストで交信頂いた皆さま、ありがとうございました。

【追記】
2017年10月10日に審査結果発表があり、得点は上記の自己計算のとおりで、参戦した部門・種目・エリアで4位(全国4位/74人)と入賞(エリアで上位10%以内でかつ最大7位まで)する事が出来ました。これも交信、また応援して頂いた皆さまのおかげです。ありがとうございました。

20171010QRP_XP
ポイントは自己採点どおりで減点ありませんでした。
20171010Winner
JARL開催の国内4コンテストで初の入賞でした。

20170701埼玉県比企郡小川町移動運用(第47回(2017)6m AND DOWNコンテスト)

第47回(2017)6m AND DOWNコンテスト(通称:6D)が7月1日(21時)〜翌2日(15時)までの18時間開催されました。昨年はコンテストの勉強を兼ねてお声がけだけ自宅から行い、エントリー(ログの提出)はしませんでしたので、今回が初の本格参戦になります。

使用する周波数帯はコンテスト名称のとおり、6mとそれより短い波長が対象で、自分として運用可能な範囲は50MHz、144MHz、430MHzの3バンドが対象です。自分の持っている無線機(リグ)は50MHz帯は50W出力機のFT-891Mがありますが、144MHzと430MHzは5W出力機しかないため、QRP部門の「電信電話部門シングルオペQRP(XP)」種目に参戦です。

電信電話部門になりますが、電信がまだ出来ないため電話のみでの参加、シングルオペ(全て1人で行う。クラブ等で複数人で操作するのはマルチオペ。)となります。4月に参戦したALL JAコンテストでの反省点から、今回は次の点を改善して臨みました。

  1. 交信記録を紙に記入する紙ログから、PCのロギングソフト(CTESTWIN)にその場で入力するスタイルに変更。
  2. 食事類のコンパクト化。
  3. 移動で時間をロスしないため終了時まで同一場所での運用とする。

運用場所はALL JAコンテストの時と同じく、埼玉県比企郡小川町と埼玉県秩父郡東秩父村の境界にある「笠山峠」(標高690m)です。雨模様の中、自宅を出発。天気は午後には回復する予定ですが、アンテナ設営時間を考えると心配です。

運用準備完了
天候が心配でしたが、なんとかアンテナ設置も完了し、21時からの参加準備が整いました。

なんとか天気も夕方に回復し、雨の間隙を縫ってアンテナ設営も完了しコンテストへの参加準備が整いました。

2台態勢
6mはFT-891M、2mと430はFT-817の2台態勢です。

車内の運用周りも設営。今回のためシールドバッテリー(12V-12Ah)を2個追加購入。12Ah×3、9Ah×1、5Ah×1を準備しました。仮眠時間には車のエンジンをかけてインバーターで充電する予定です。

また、今回のコンテストから初めてPCを導入しました。これで、終了後の紙ログからの転記も不要となりますし、コンテスト中の重複交信(DUPE)も事前にチェック出来るので、CQ出しと声かけ回りを交互にやっても相手に迷惑をかけることがなくなります。

準備が整ったため、テストも兼ねて6m(50MHz)の運用を行いました。コンテストが始まる前までの時間、交信頂いた皆さま、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB  50MHz 5W
空中線 Radix RY-64C
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
2519 埼玉県越谷市 59 59
2520 茨城県つくば市移動 59 59
2521 埼玉県羽生市移動 57 59
2522 さいたま市浦和区 57 59
2523 東京都足立区 59 59
2524 埼玉県坂戸市 59 59
2525 埼玉県桶川市 59 59
2526 東京都葛飾区 59 59
2527 茨城県石岡市移動 59 59
2528 群馬県吾妻郡中之条町移動 55 53
2529 埼玉県川越市移動 59 59
2530 埼玉県児玉郡神川町移動 55 57
2531 茨城県神栖市 59 59
2532 埼玉県上尾市 59 59
2533 埼玉県白岡市 59 59
2534 千葉県成田市 59 58
2535 茨城県潮来市 53 53

その後、21時からコンテストに突入。0時過ぎまでは6m(50MHz)で運用し、その後2m(144MHz)、430MHzで交信を2時過ぎまで続け、その後仮眠に入りました。20170702Rate