20170916埼玉県比企郡ときがわ町移動運用(剣ヶ峰駐車場、GAWANT 6m 運用テスト)

Pocket

GAWANT6mSWR実験
夜2時頃に室内で出力を下げてテスト。

ハムフェア2017の「しながわハンコ倶楽部」の主力商品だった「GAWANT」。作成者のJF1QHZ局さんはもともとHF帯のハイバンド専用アンテナとして考えていたのですが、購入された方から「6m(VHF 50MHz帯)でも使えるのではないか?」という話があったとのことでした(Twitter参照)。

さっそく、自分も試してみたところ、次の動画のような結果になりました。(注意:動画ファイル容量は約20MBあります。)

SWRはうまく下がりましたが、これ以上の測定は機器類がないため、自分としては実際に運用して試すしかありません。そこで、条件の良い場所に移動して運用するため朝早くに堂平山を目指しました。出発時から台風の影響か雲が怪しかったのですが、ときがわ町に入ると既に路面は濡れており夜のうちに相当雨が降ったようでした。標高を上げるにつれて霧が濃くなり小雨がぱらつくようになったため、雨宿り場所がない堂平山山頂はあきらめ、中腹にある剣ヶ峰駐車場で運用することにしました。
剣ヶ峰駐車場でも標高が約818mあるためか濃霧に覆われ、早朝だったこともあり薄暗く霧雨が続く状態でした。

車のハッチバックで小雨を避けながら、荷台で運用準備を進めました。モービルホイップ(DIAMOND HF6CL)を比較実験用にセットし、FT-817のフロント側BNCに接続。GAWANTはリア側M接栓に接続し、下写真のように先端の3段だけ伸ばし、合計4段の状態にしました。

6m運用実験
GAWANTは先にSWRの実験をして好結果を得た長さ(先端3段と最下段の4段)で実験をしました。

最初、モービルホイップを使って空き周波数を探し、CQを出しました。Twitterでも実施する旨告知していましたが、運用場所では携帯が圏外となってしまい最新の状況がアップ出来ませんでした。そんな中、コンテスト交信などでも大変お世話になっているTwitterフォロワーさんが応答してくださり、アンテナを切り替えての実験にご協力いただきました。頂いたレポートは59。GAWANTはモービルホイップ(59+15db)と比較してマイナス10db程度なものの59(若干+)で「交信には全く支障なし」と詳細なレポートを頂く事が出来ました。ご協力ありがとうございました。その時の模様は次の動画のとおりです(音声削除済)。

その後はGAWANTのみを使って通常運用に入り、CQを出して各局さんからお声がけ頂きました。初めて交信(1st QSO)頂いた局さんも2局おられ、特に違和感なく普通に交信頂くことが出来ました。午後に予定があるため、7時から8時半頃までの短時間の運用でしたが、交信いただきました各局さん、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB 50MHz 5W
空中線 GAWANT
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
3534 東京都練馬区 59 59
3535 埼玉県川越市 55 59
3536 横浜市保土ヶ谷区 58 55
3537 さいたま市大宮区 41 41
3538 東京都小平市 51 51
3539 東京都調布市 58 55

標高が高く、小雨まじりの濃霧のためか気温が13℃台まで落ち込み、薄手のフリース雨具を着用してちょうど良い位の気候でした。栗の実が大きくなっていたり、移動途中では稲刈りが始まっていたりと、秋がどんどん深まっていく気配でした。

Pocket