20171007埼玉県比企郡小川町移動運用(第38回(2017)全市全郡コンテスト)

Pocket

第38回(2017)全市全郡コンテスト(通称:ACAG)が2017年10月7日(21時)〜翌8日(21時)までの24時間開催されました。昨年は自宅近くの河川敷から「電信電話部門シングルオペオールバンド XAP」種目に参戦しましたが、今年は標高の高い場所に移動しての運用です。

今回参戦する部門は「電話」、種目は「シングルオペ 50MHz(P50)」というものです。電話のみ(電信がまだ出来ないため)で、シングルオペ(全て1人で行う。クラブ等で複数人で操作するのはマルチオペ。)で使用周波数帯は50MHz。出力は最大20Wで、規約の条件は4月に実施された「第59回(2017)ALL JAコンテスト」とほぼ同じ条件です。

4月に参戦したALL JAコンテストと異なる点は、規約ではマルチプライヤー(交信相手の所在地)の単位が県単位から市・郡単位になることです。また、ALL JAコンテストでの反省点から、今回は次の点を改善して臨みました。

  1. 規約の最大出力20Wでの参加(ALL JAコンテストでは5W)。
  2. 交信記録を紙に記入する紙ログから、PCのロギングソフト(CTESTWIN)にその場で入力するスタイルに変更。
  3. 睡眠時間をコントロールし、朝4時からの運用開始。
  4. 食事類のコンパクト化。
  5. 移動で時間をロスしないため2日目の21時まで同一場所での運用とし、車中2泊して撤収は3日目に行う。

運用場所はALL JAコンテストの時と同じく、埼玉県比企郡小川町と埼玉県秩父郡東秩父村の境界にある「笠山峠」(標高690m)です。初日の午前中は雨に見舞われましたが移動中に徐々に天気が回復し、小川町に着く頃には晴れ間が覗くようになっていました。しかし、標高を上げるに従い徐々に山の天気で雲が多くなり、アンテナの設置をいつ実施するか迷いました。最悪、雷も注意しなければいけません。

1時間程経過した時点で徐々に天気が回復して来たため、アンテナ設営等の運用準備開始しました。雨上がりの藪を掻き分けての作業になるため、足元にゲイター(スパッツ)を装着。設営途中から良く晴れて気持ちの良い青空が広がりました。

アンテナは指向性の強い八木アンテナと指向性のないモービルホイップの組み合わせで電波をキャッチする方向にムラが出ないようにしました。

Radix RY-64C
フジインダストリー製の伸縮ポールで6m(50MHz)用の4エレ八木アンテナ Radix RY-64C を設置。
4エレ八木とモビホ
4エレ八木とモービルホイップアンテナ。

車内の運用周りも設営。今回は24時間のコンテストのため、シールドバッテリー(12V-12Ah)を1個追加購入。12Ah×4、9Ah×1、5Ah×1を準備しました。仮眠時間には車のエンジンをかけてインバーターで充電する予定です。

長時間の運用はヘッドフォンを装着すると耳が痛くなってしまうので、外付けスピーカー(DIAMOND P810)を車内後部座席のグリップ同士を通したロープから吊るし、ちょうど頭の斜め上付近から音がするようにしています。このロープにLEDランタンも吊るして夜の運用に備えます。

設営が終わった後、試験的に6m(50MHz)の運用を実施。Twitterのフォロワーさんとも連絡が取れ6mで初めて交信頂くことが出来ました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB  50MHz 20W
(No.3582は50W)
空中線 Radix RY-64C
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
3581 群馬県吾妻郡中之条町移動 59 59
3582 福島県須賀川市 41 53
3583 東京都北区 59 59
3584 横浜市青葉区 51 57
3585 群馬県多野郡神流町移動 59 59
3586 東京都板橋区 57 59
3587 東京都立川市 59 59
3588 千葉県松戸市 59 59
3589 埼玉県鴻巣市 59 59
3590 埼玉県東松山市 59 59
3591 埼玉県川口市移動 59 59
3592 茨城県潮来市移動 59 59
3593 千葉県八千代市 59 59
20171008ACAG_QSORateGraph
時間帯毎の交信数推移グラフです。

途中夕食を挟み、19:30以降からは周波数確保も睨んでの交信を行い、そのまま21時からコンテストに突入しました。夜中の01:32まで交信を続け156局とQSO(交信)出来ました。交信いただきました各局さん、ありがとうございました。

Pocket