20171029さいたま市西区移動運用(初のAPRS体験)

Pocket

昨日は自宅付近からVX-8DのGPSユニットが稼働するかのみ確認しましたが、今日は実際に電波を出してGPS衛星から受信した位置情報が、アマチュア無線の電波に乗ってゲート局を介してインターネット上に反映されるか実験してみました。

こういった仕組みはAPRS(Automatic Packet Reporting System)と呼ばれており、以前から存在は知っていたのですが実際にやってみるのは今日が初めてになります。この操作をするにあたりJQ1YDA(東京WiRESハムクラブ)さんのAPRS入門ページ、特に「VX-8(D)で始めるAPRS」を勉強させて頂きました。大変参考となる情報を掲載頂きありがとうございました。

いつも行っている自宅近くの河川敷へ車を走らせました。車にVX-8Dを乗せてモービルホイップアンテナからのケーブルを接続します。ほどなくしてGPS衛星は捕捉出来、位置情報を掴んでいることが分かりました。

このまま河川敷まで移動したので、自宅付近から河川敷までの軌跡が描かれているかと思いパソコンを開いてAPRSのサイトを開いたところ、移動先の地点にポツリと存在しているだけでした。

APRSでの位置情報
位置情報が初めてインターネット上に公開されました。自宅からの軌跡は見られませんでした。

最近ではスマフォの普及でGPS情報は当たり前のように見れ、またそれを自動記録したGoogleマップの「タイムライン」のような機能がありますが、そういったものではなく、あくまでアマチュア無線で送信した電波がゲート局まで届かないと反映されないというものだという事がわかりました。その点、いつも移動運用しているこの場所は電波の飛びが他の地点より良いため、位置情報を伝えることが出来たとも言えます。

せっかく河川敷まで移動したため、そのまま移動運用を行い3局さんと交信できました。ありがとうございました。

使用リグ STANDARD VX-8D
使用電波 FM 430MHz 5W
空中線 DIAMOND SG7500
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
3927 埼玉県入間郡越生町移動 59 59
3928 東京都福生市 55 59
3929 福島県東白川郡棚倉町移動(八溝山) 51 51
Pocket