20180203さいたま市西区移動運用

Pocket

先日、1月20日にTwitterフォロワーさんにご協力いただき作成したギポシダイポールアンテナを移動運用に早速活用です。

当初予定は職場の人と山行の予定でしたが、2/1〜2/2にかけての降雪もあり山行は延期となり、近場の河川敷にての運用となりました。

先日の調整ではケーブルキャッチャーも全て伸ばしておらず、またケーブルキャッチャーとバランを繋げる部品も新しくしたため、まずはそれを試してみました。

想定では山の中で木の枝に寄りかかりながらの使用を想定したいたのですが、今回は空中に何もなく自立の状態です。思ったよりたわんでおり、重量として感じたのはバランと装着金具よりもアンテナエレメント(ワイヤー)そのものでした。

写真のようにたわんでしまい、ケーブルキャッチャー単独では高さをかせげないため、アンテナエレメント(ワイヤー)の末端が地面に接触してしまったからかSWR値も2後半から3手前まで上がってしまいました。また、たわませたままだと、山で使う前に破壊しかねないと思い、こちらは早々と撤収しました。

ギボシダイポールで7MHz運用
踏み立て式の伸縮ポールを用いて7MHz帯の運用を開始しました。(ピンボケ写真ですみません)

その後、いつも使用している伸縮ポールに切り替えて安定した位置にバランを固定し、アンテナエレメント(ワイヤー)もしっかりと張れたところでSWRを測ると1.1程度、ほぼSWR計の針が動かない位になりましたので、運用に入りました。

普段、7MHz帯はあまり好んで運用しません。7MHz帯、特に7.100MHz以下のSSB交信は昔ながらの常連局さんが多く一種独特の世界があり、周波数帯域も狭いため混沌とした雰囲気のためです。アンテナもこれまでなんとか使える程度のもので小電力だったため、なかなかパイル(沢山の局に呼ばれている状態)にも勝てなかった事もあります。しかし、この時期は18MHzや21MHzで遠方との交信はあまり望めませんし、フルサイズのダイポールアンテナだけに期待は持てます。

混沌とした帯域は避けて7.100MHz以上の比較的開けた周波数帯を狙ってみました。一部、7.100MHz以下もパイルに勝てるかどうかの検証も含めて運用してみました。最初は山行用としている小型バラン(大進無線さんのDB-50 QRP)での10W運用です。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB 7MHz 10W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
4356 静岡県浜松市東区 59 59
4357 富山県黒部市移動 59 59
4358 静岡県浜松市西区 59 59
4359 横浜市青葉区移動 59 59
4360 福島県須賀川市 59 59
4361 横浜市港北区 59 59
4362 千葉県市川市 55 55
4363 横浜市青葉区移動 59 59
4364 大阪府岸和田市 59 59
4365 埼玉県狭山市移動 41 55

10局さんと交信でき、ほとんどが10Wという小出力を感じさせないレポートを各局さんから頂く事が出来ました。またHF帯の特徴でもあるスキップ(近場のエリアをスキップして遠くのエリアと繋がりやすいこと)で、近場の方からは取りづらい、取れないとのレポートもTwitterで頂きました。また、Twitterで拡散頂いたおかげで遠方のTwitterフォロワーさんとも交信が出来ました。

一旦休憩を挟み、次にバランをDIAMOND BU-55に変更して50Wでの運用を実施することにしました。今回からバランを上げ下げするのにホームセンターで購入した「滑車」を装着。伸縮ポールのステーリングにシャックルを用いて付けようとしたところ、滑車の輪のサイズとシャックルの太さが合わず失敗しました。一旦ロープを用いて仮止めしての使用となりました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB 7MHz 50W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
4366 大阪府堺市 59 59
4367 東京都立川市 51 41
4368 東京都港区 57 49
4369 高知県南国市 57 59
4370 島根県出雲市 59 59
4371 兵庫県尼崎市 59 59
4372 岡山県浅口市 56 59

7局さんと交信出来、ほぼ良いレポートを各局さんから頂く事が出来ました。中にはこれまでD-STARでは繋がった事がある局さんもおられましたが、途中でインターネット回線を使用するD-STARと比べて電波で直接繋がるのは嬉しさが全然違います。また移動で関東に来られた際に繋がった局さんとも、遠く自宅からも繋がる事が出来て嬉しい限りです。

今回は1エリア(関東)、2エリア(東海)、3エリア(近畿)、4エリア(中国)、5エリア(四国)、7エリア(東北)、9エリア(北陸)と多くの地域から繋いで頂く事が出来ました。また、6エリア(九州・沖縄)も混信した際にはっきりと九州の局であることが聞き取れたり、0エリア(信越)からも雪ノイズの中聞こえていた旨、Twitter通じて連絡を頂く事が出来ました。交信頂いた各局さん、Twitterで応援いただいたフォロワーの皆さん、この素晴らしいダイポールアンテナ作成にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

14時半まで運用して撤収。その後、近くにある「藤店うどん」さんの閉店間際を狙って遅い昼食でした。閉店間際を狙わないと大混雑で30分以上は行列待ちになってしまうほどの人気店です。

肉汁うどん
「藤店うどん」さんの定番名物「肉汁うどん」。コシがあって大変美味しいです。
Pocket