20180223東京都港区移動運用(カレッタ汐留)

Pocket

Twitterの相互フォロワーさんで、アイボール(実際に会うこと。)もしたことのある高校生の方が、この度初めてアマチュア無線局を開局されました。

無線従事者免許は既に中学生時代に取得され、知人の無線機からゲストオペレーターとして交信はした事があるものの、無線局の開局はしておらず、これまではBCL(Broadcasting Listening / Listeners:放送を受信して楽しむ)をメインにしていたとのことでした。この度開局して自分から送信が出来るようになったとの事で、さっそく交信して頂くことになりました。

相手もハンディ機でかつ都内のため、仕事帰りで電波が飛びそうな場所として以前運用したことのある港区のカレッタ汐留の展望スペースに行きました。

46Fと47Fの地上約200mから見える東京の夜景は素晴らしいです。しかも朝方の雨があった後の晴れで空気も澄んでいたためか迫力のある都会の夜景が一面に広がりました。

夜景をバックに移動運用
46階から眼下に広がる東京の夜景をバックにハンディ機VX-8DとアンテナSRH789で移動運用を開始。

430MHz帯FMで移動運用する旨はTwitterを通して知らせましたが、運用可能時間も未定だったこと、無線らしく聞こえていたところに応答してもらった方がよいかと考え、あえて周波数は伝えておりませんでしたので、いつもどおり移動運用を開始しました。

使用リグ STANDARD VX-8D
使用電波 FM 430MHz 5W
空中線 DIAMOND SRH789
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
4757 東京都足立区 56 56
4758 茨城県龍ケ崎市 59 51
4759 東京都墨田区 59 59
4760 東京都港区 55 59
4761 東京都港区 59 59

交信頂きました各局さん、ありがとうございました。

途中で前述の局さんと繋がり、無事に1stQSOして頂くことが出来ました。彼に取っては開局後私が初めての交信相手だったとの事で恥かしながら大変光栄です。

最初聞いた時は距離は近いはずなのにだいぶ不安定で信号も弱く、ノイズも少し入るような状態だったのでどのように運用しているか聞いたところ、ハンディ機を手に持って本体PTT操作で本体マイクから送信しているとの事でした。自分も運用始めた頃に同じような事があり、交信頂いた相手局さんから付属のスピーカーマイクやイヤフォンマイクを使った方が安定するよとアドバイス頂いていたため、それをお知らせしました。

私との交信終了後に運用スタイルを変更していただけたのか、窓側にべったりと張り付いてなくとも安定して聞こえ出し、アンテナを短いDIAMOND SRH805Sに取り替えても十分に聞こえるようになって一安心です。

SRH805Sでも受信良好
携帯時の保護用に使用している極小のアンテナDIAMOND SRH805Sでも良好に受信出来ました。
Pocket