20180321デジタルモード受信

Pocket

変更申請がまだ審査終了とならないため交信は出来ませんが、機器やモードに慣れるために受信をしてみました。

自宅がアパマンなため大きなアンテナは元々設置出来ません。今後もHF帯で交信する場合はYAESU ATAS-25がメインになる予定です。

ATAS-25
FT-817ND購入時に一緒に購入したATAS-25。三脚に取り付けて稼働する時のみベランダに出します。

デジタルモードは使用するソフトウェア側に「Network Services:Enable PSK Reporter Spotting」という設定項目があります。この「PSK Reporter」はデジタルモードを使用している人の殆どが利用しているのではないかと思われるほど浸透しているようで、私は最初、このインターネットを介した画面とデジタルモードでの無線機同士の直接交信の仕組みが混ざってしまい混乱してしまいました。

そのため自分の頭の整理のため、こんなイメージ図を「いらすとや」さんのイラストをお借りして作ってみました。

pskreporterイメージ
インターネットを使って交信するのではなく、無線交信の状態をインターネット上で共有する仕組み。

受信だけでも状況はソフトウェアからインターネット上に随時アップされるため、自分のコールサインを指定して受信状況をインターネットから閲覧することが出来ます。

国内受信模様
国内はほぼ全エリア、満遍なく受信可能なようです。
海外からの受信模様
ベランダからちょっとだけ出したアンテナでも海外から受信がかなり出来ます。

受信だけではありましたが、多く海外からも電波を受け次々とパソコンの画面にデコード(信号翻訳)されて表示されるのは楽しいものです。

受信したエンティティ
二晩かけてパソコンと無線機で受信した国(エンティティ)のリスト。
Pocket