About

Pocket

東日本大震災時、通信手段が遮断された中でアマチュア無線が脚光を浴びました。いわゆる「ハム」として長年に渡り”King of Hobby”と呼ばれていましたが、近年では携帯電話が定着したため、めっきりと姿を消した感があります。もっとも、この携帯電話も広い意味では「トランシーバー」であり、無線装置であることに変わりありませんが。

アマチュア無線は私のような1970年代生まれ世代では、中学時代に科学雑誌などによく紹介され知られていましたが、設備が高額でありとても足を踏み入れられない領域でした。それが、震災時に非常の際の通信手段として私も再認識し、2011年7月に第四級アマチュア無線技士の資格(従免)を取得し、同年8月に無線局を開局(局免)しました。

JG1XRA“はこの無線局の識別番号でいわゆる「コールサイン」と呼ばれるものです。

アマチュア無線自体の活動は、いざ行ってみるとなかなか厳しいものがあり(活動者が周囲にいない、ベテランが多くなかなか敷居が高い、専門用語が難しい、機材がハンディ機のため送受信のエリアが限られる等)疎遠となっていましたが、2016年4月の熊本地震をきっかけに直後の4月17日から再度チャレンジを始めました。
20151103VX-6IMG_3850

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Pocket