20190217さいたま市西区移動運用

Pocket

1200MHz帯で手軽に運用出来るようにモービルホイップアンテナを取り替えました。これまで使用していたDIAMOND SG7500は知人宅に嫁ぎ、替わりにDIAMOND SG9500Mを入手しました。また、8年程前に購入した車内配線も古くなり車内の同軸ケーブルに皮膜の損傷がある事や、長くて後部座席の足元に束ねて置いてある事もあり、ケーブルも新しく取り替えました。前の6mから4mへと全体で2m短くしたので、いざ配線するとさすがに短くしす過ぎた感がありましたが、普段使用する分には問題ないレベルです。

車内への引き込みは1.5Dから2Dとやや太くなりましたがハッチバックドアの開閉には特に支障ありません。全体的に2Dとしたため車内での取り回しは楽(5Dは硬いため車内では難儀)になりました。出力はせいぜい5W程度のため、50Wで長く運用する場合は別のマグネット基台を使うなどの工夫も出来るため2Dで良しとしました。もっとも50Wで運用する時は別のGPアンテナなどを使う事が専らです。

主に車内のUHF帯運用や航空無線ワッチはハンディ機で運用していますが、配線後のテストでSWR値も簡単に計測しておきたいため、久々にYAESU FT-817NDでテスト運用をいつも運用する河川敷で行いました。

ハッチバックドア
初回交信時から変わらないハッチバックドアを跳ね上げての簡易的な運用スタイル。

少し北風が強かったですが、車の前方を北向けにすると後ろのハッチバックドアを跳ね上げて運用しても風はさほど車内に入って来ません(アンテナは揺れていたかもしれません)。これは初回交信時から行っている簡易的にすぐ運用出来るスタイルで、少しは高さを稼げます。回転する基台なので走行中は回転させてドアと平行にしています。

FT-817でのテスト運用
FTー817で簡易的なSWR値を測りながらテスト的に運用しました。結果は430MHzでは良好でした。

1200MHzは計測出来ませんが、430MHzでは特にSWR値に問題がないレベルと判断出来ました。144MHzのSSBで交信頂いた際は少しSWR値が高かったですが、車内からこのアンテナでこのバンド・モードで運用する事はほぼないため割り切る事にします。

1200MHzは一時受信は出来ていたのですが、CQを出しても呼ばれなかったためテストまで至りませんでした。また、標高の高いところから狙っていきたいと思います。

SWR値のテストがメインな目的でしたが、多くの局さんと交信頂きました。ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB 144MHz 5W(No7586)
FM  430MHz 5W
空中線 DIAMOND SG9500M
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7586 埼玉県坂戸市 59 58
7587 栃木県宇都宮市 52 59
7588 神奈川県綾瀬市 57 54
7589 埼玉県日高市(富士山) 59 59
7590 埼玉県川越市 51 53
7591 相模原市緑区 59 59
7592 埼玉県入間郡越生町 51 57
7593 川崎市多摩区 59 59
7594 埼玉県川越市 59 59
7595 神奈川県伊勢原市 51 51
7596 群馬県多野郡神流町(赤久縄山) 59 59
Pocket