20190225新しいQSLカードの到着

Pocket


本日、新しいQSLカードがプリントパックさんより到着しました。先日、関東UHFコンテストのQSLカードを印刷しようとしたのですが、ストックしているQSLカードでは枚数が足らない事に気づき、新しいデザインで注文したのが2月16日。今回は途中で原稿を微修正したため1日遅れましたが、それでも8営業日で発送し、9営業日目には自宅に届きました。早くて安いのでこれで6回目の注文となりました。

これまでQSLカードのデザイン面は無線運用模様の写真を使用してきましたが、今回初めて無線運用ではない別の写真でデザインしました。交信頂いた皆さまのQSLカードも無線運用以外のデザインも多く、必ずしも無線関係のデザインでなくても良いかなと思ったことがきっかけです。また、自分はデータ面にもその日の運用状況の写真は小さく入れているので、表と裏で同じ写真になる場合もありました。

ただ、QSLカードは自分のアイデンティティが問われるような気がするので、元々好きなジャンルでよく撮影しているハイコントラスト白黒写真を使ってみました。

これまで何回かQSLカードのデザインや使用スタイルを変えてきて、その都度気づけば記録する程度でしたが、自分のQSLカードは手元に残らない事から、ふと、これまでのQSLカードを振り返ってみる事にしました。

【2016年初期】
運用し始めた当初、最初に印刷依頼で作ってもらったのがiColorさんです。今でも行う運用スタイルの1つである、車のハッチバックドアの先にモービルホイップアンテナを立てて運用する風景の写真です。iColorさんは「アマチュア無線家向け総合印刷」での販売もしており、アマチュア無線家の中では知られた存在だと思います。

【2016年中期〜2017年初期】
移動運用した際の写真を両面無地ハガキサイズ用紙にプリンタで印刷して使用した時期があります。ただ、用紙のコストとプリンタインクがかさんだ事もあり、現在このスタイルは取っていません。

【2017年5月〜】
写真面(データの裏面)には無線運用風景を使ってプリントパックさんで印刷してもらい、データ面はTurboHAMLOGのQSLカード印刷機能(定義ファイル加工)を使って印刷する現在のスタイルになりました。

プリントパックさんで注文する時は
・用紙サイズ:100×148mm
・用紙の種類:強光沢/普通紙(ミラー上質紙)
・用紙の厚さ:標準(180kg)
・納期コース:7営業日
・片面4色、1,000部
にしており、送料・税込価格で2,350円と安価に仕上がるのが魅力です。入稿データもMicrosoft Office製品が使えPowerPointで作成する事も出来ます。

Pocket