20190428埼玉県比企郡小川町移動運用(第61回(2019)ALL JAコンテスト)

Pocket

昨日から引き続き第61回(2019)ALL JAコンテストへの参戦です。朝は4時過ぎから運用スタートしました。

昨晩、日が暮れてから冷え込みが厳しくなり、夜中には外気温が4℃と冬並みの寒さ。バッテリーの容量を増やして臨んだため、滞在中は車のエンジンをかけなくても良いかと思っていましたが、暖を取るために夜中に2回ほどエンジンをかける事になりました。装備は真冬のダウンなども持ってきていたので助かりました。

2日目は昨日から一転して終日好天に恵まれ車中は暑いほどでしたが、外は冷たい風が吹いており、まだ夏は遠く感じました。

移動運用風景
今回の移動運用風景です。車が1台分程度停められるスペースで伸縮ポールを用いての運用です。

2日目は朝4時から運用を開始しました。昨年とちがい朝一でのQSOはそれほど伸びず、6時からの運用でも良かったかもしれません。

昨年もお繋ぎ頂いたのですが、今年も同じ局さんが北陸エリア内で移動運用されており石川県のマルチを頂くことが出来ました。ありがとうございました。
昨年は岐阜県とも繋がることが出来ましたが、今年は厳しいようです。Eスポも開ける気配はなく、マルチ(地域数)は多く望めそうにありません。

昨年は18時半頃に400QSOとなり、その時点で運用を終了しました。バッテリーの関係やその前の年の入賞者のQSO数から400×13マルチ=5,200点で入賞できると考えての事でした。今年は、マルチが昨年より1つ少ない12マルチで推移しこれ以上に伸びないと感じたことから、最後までQSO数を伸ばすことに注力しました。

この場所はいつも人がいないのですが、今回2日目の夕方から近くでキャンプを行う方が来られていたので、挨拶して自分も朝まで過ごすことを伝えました。すると、コンテストも終了間際の20時半頃、車のドアをノックされ、そのキャンプに来た方から「肉団子のスープを作ったのでどうぞ」と差し入れを頂きました。流動食中心の食事をしていたので、熱々のスープは五臓六腑に染み渡りました。大変美味しく、また初見の相手にここまでしてくださった事に感謝です。

19時過ぎからは疲れもピークとなり、半分朦朧としながらもCQマシンのスイッチは押し続けていました。自分の無線機にはオートリピートのCQマシンが付いてないため1回ずつ手動でスイッチを押す必要がありますが、オートリピートタイプだと熟睡していたかも知れません。

頂いた差し入れにも支えられながら無事に24時間を乗り切ることが出来ました。交信また応援していただいた皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

おかげさまで、次のような得点(まだ審査前の速報値)となりました。まだコールサインのミスコピーやその他減点となる事もあると思いますが、昨年よりマルチ数は1少ないものの、QSO数でカバーして得点としては昨年を上回る事が出来ました。

20190427ALLJA_Points
交信数456×マルチ12=5,472点でした。
20190427ALLJA_Multi
赤くなっている部分が交信できた地域(マルチ)で、12マルチとなりました。
20190427ALLJA_QSORateGraph
時間帯毎の交信数推移グラフ。今年は最後の最後、20:59:50まで交信出来ました。

コンテストに引き続いての楽しみである「1エリア6mAMロールコール」(毎週日曜夜21:30から実施)に今回も参加させて頂きました。自宅ではなかなか聞こえないため、コンテスト移動時の楽しみとして定着しています。今回はキー局がつくば市で運用とのことでアンテナを昼間見えていた筑波山の方向に向けたところ、59+50dbというレポートを頂きました。見通せる距離のようで、なにも障害物がなく強力に届いたようでした。早めにロールコールにはチェックインを済ませ、早々に眠りにつきました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 AM  50MHz 40W
空中線 Radix RY-64C
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
茨城県つくば市移動 59 59
Pocket