20190317さいたま市西区移動運用(無線運用デモ)


アマチュア無線を始めることになった知人が4アマに合格。従免(無線従事者免許)も手許に届き、「電波利用 電子申請・届出システム Lite」から局免許の申請も行なったとの事で、あとはコールサインが発給されるのを待って、いよいよ無線運用が出来るようになります。そこで、アンテナ設営や各種機器(自分の数少ない機器で限定的ではありますが)、また実際のオペレートを生で見て貰って参考にしてもらうべく、いつも移動運用している河川敷に来てもらいました。

家にあるリグ(無線機)3台とハンディ機2台、その他諸々周辺機器など、ほぼ残さずに持ち出しました。

デモ風景
用途別のアンテナ類なども大きさや重量を確認しながら、設営も体験してもらいました。

運用地へは一緒に移動し、移動運用時の設営について最初から見てもらいました。実際にアンテナの大きさや重量、伸縮ポールのセットアップ、実際の無線オペレートを見て、聞いて、色々と体感してもらった点を次のようにまとめてみました。

【ロケーション】
今回の移動運用地は標高は高くないものの、周りに障害物が殆どないロケーションのため特にHF帯の運用に向いていると思われます。また、エアバンド(120.500MHz:航空路管制東京コントロール関東西セクタ)、430MHz呼出周波数は車に備え付けのモービルホイップアンテナでも強く、綺麗に入ります。ワッチしたハンディ機はデュアルバンド受信可能なALINCO DJ-G7のため、同時に双方の受信が出来る点を実感してもらい、また、STANDARD VX-8Dはラジオも含めると最大3バンド受信可能なことも理解してもらいました。

【アンテナ設営】
・伸縮ポール用踏み台(フジインダストリー:FTB-56S)の大きさ、造りの頑丈さを実感。移動時のアンテナ設営ベースとなるパーツだけに、その点にこだわって購入した事も説明しました。
・伸縮ポール(フジインダストリー:FSP-505D)の長さ、太さ、造りを実感。店頭で既に見ていたダイヤモンドやコメット製とは太さが異なり、頑丈な造りになっていて長持ちしそうな点も実感してもらいました。
・伸縮ポールや八木アンテナのブーム類は保管のためスキーケースを使用している事を説明。
・この日は3つのアンテナを1つの伸縮ポールで上げるため、下から順にセット。
・1番下はダイポールアンテナを張るため、バランを引き上げる際に使用する滑車を確認。滑車は伸縮ポールのステー用リングに付けており、滑車にロープを通し、後からあげる仕組みであることを説明。
・2番目は50MHz用の4エレ八木アンテナ(Radix RY-64C)。3分割されたブームを組み立てながら、工具なしで組み立てられるよう蝶ナットを使用している点など、移動運用時の工夫がされている事を確認。組み立て後、全容を現したアンテナは、収納時からは想像出来ない大きさになること、ただ、その大きさながら持ち上げると意外と軽量な点も実感してもらいました。
・最後に一番上になるGPアンテナ(DIAMOND X5000)をセット。1200MHz対応のため一般的なM型コネクタではなく、N型コネクタとなっている点を確認。

パドル操作
FT-817に繋いで実際に使用してみたパドル。

【パドル操作】
・第三級アマチュア無線技士(通称:3アマ)の取得に取り組んでいる知人ですが、実際にCW交信に使われる機器を体感した事がないと思われたため、エレキー用パドルHG GN507(※現行機は後続のGN507F)を操作してもらい、短点、長点の音がどのように出てくるのかを体験してもらいました。

【430MHz FM 運用】
HFに興味のある知人ですが、既に自宅で受信出来る状態にはあるため、まずは聞き慣れている430MHz FMでの運用から体感してもらうことにしました。主に送信時やCQを出した時の運用、交信中のTurboHAMLOG操作や機能(交信履歴、ユーザー情報、QSLカード表示機能等)について、実際に交信する中で見てもらいました。

【7MHz SSB 運用】
次にHF帯の運用を実施。モードもFMからSSBになったところで外部スピーカー(DIAMOND P810)からヘッドフォン(Sennheiser HD 579)に代えて貰いました。SSBの特徴であるノイズの中から小さな声が聞こえたり、多人数が1つの局を呼ぶ、いわゆる「パイル」状態時にどう聞こえるのかも体感してもらいました。特に「パイル」は電波の弱肉強食となるFMとは聞こえ方が全く異なり『全部聞こえてしまうが故に全て聞き取れない』点を運用中に次々と体感して楽しんでもらいました。また、この日、いつもはスキップする1エリアなど近場が非常に良く入感し、いつもとは違う状況ではありましたが、それでも北海道や四国と繋がり、東京も北海道もほぼ変わりなく聞き取れる、という事が不思議で面白いと感じたようでした。

【18MHz(DX) ・7MHz(国内) FT8 運用】
最近は雑誌等でも大きく取り上げられているデジタルモードのFT8についても実際の運用を見てもらいました。18MHz帯では運良く海外(中国)と交信。また、7MHzのDX周波数帯は日中、国内のフォーン交信の影響でほぼ使用が出来ない状態も知ってもらい、7MHzは国内周波数帯で運用しました。

【50MHz AM 受信】
午後から雷雨の予報もあったため、天気の良いうちに撤収しながら50MHzをワッチ。残念ながらSSBは聞こえませんでしたが、AMでの交信が聞こえました。同時に外的要因と思われるバリバリとしたノイズも聞こえ、よくある運用の状況が多く再現出来た1日でした。

交信頂きました皆さま、ありがとうございました。

使用リグ DIAMOND ID-5100D
使用電波 FM 430MHz 15W
空中線 DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7691 埼玉県入間市 59 59
7692 さいたま市桜区 59 59
7693 相模原市緑区 59 59
7694 埼玉県志木市 59 59
7695 埼玉県上尾市 59 59
7696 埼玉県東松山市 59 59
7697 東京都渋谷区 59 59
7698 東京都杉並区 59 59
7699 横浜市中区 51 53
使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB 7MHz 50W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7700 横浜市青葉区 59 59
7701 横浜市青葉区 59 59
7702 横浜市青葉区 59 59
7703 横浜市青葉区 59 59
7704 愛知県春日井市 57 45
7705 島根県出雲市 58 43
7706 東京都目黒区 59 59
7707 香川県高松市 59 59
7708 東京都大田区 59 59
7709 岐阜県岐阜市 59 59
7710 富山県魚津市 59 59
7711 三重県四日市市 59 59
7712 静岡県下田市 59 59
7713 長野県上伊那郡箕輪町 59 59
7714 山形県山形市 59 59
7715 茨城県久慈郡大子町 59 59
7716 千葉県鴨川市 59 59
7717 静岡県榛原郡吉田町 59 59
7718 相模原市緑区 59 59
7719 福井県鯖江市 59 59
7720 北海道江別市 59 59
使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 FT8 18MHz 50W(No.7721)
FT8   7MHz 50W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
db
自局
db
7721 中華人民共和国
湖北省武漢市
+14 -10
7722 長野県上伊那郡 +10 -09
7723 埼玉県春日部市 +05 -01

 

20190310さいたま市西区移動運用


先日、メインのリグ(無線機)YAESU FT-891Mの外付けチューナーFC-50でチューニング出来なくなり、二度ほど販売店を経由して八重洲無線さんへ点検を依頼したところ、チューナー側ではなく無線機本体側のチューナーコントロールライン部品が焼損(フェライトビーズ)していたとのこと。今回はチューナー側が保証期間内だったからか無償で修理して頂きました。その後の運用では自宅から3.5MHz SSB と7MHz FT8 でしたが、3.5MHzは厳しい中取っていただいた事もあり、変調(無線で声が乗ること)がおかしくないか心配でもあったので、いつもの移動運用スタイルで確認してみることに。

天気予報は曇から雨だったため半ばあきらめていましたが、朝になると良く晴れていました。とはいえ、天気はくだり坂。午前中早めに切り上げる予定で移動運用を行いました。

移動運用風景
朝になると思ったより天気が良かったため、いつもの河川敷で移動運用を行うことが出来ました。

朝8〜9時頃まではノイズも多くコンディションがあまりよくありませんでしたが、それ以降はコンディションも上がりました。本日も全国各地から交信いただき、また無事変調も異常なく届いていることも分かりました。

撤収直前
お昼前にはだいぶ雲が広がって来ましたので、午前中で運用は終了しました。

沖縄にお住いのTwitterフォロワーさんから、アンテナ調整のため送信は出来ないということでしたが「安定して聞こえてます。(混信もなく)綺麗に入ってきています。」と当局のCQボイス送信が入った動画でのレポートも頂きました。各局さん、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB 7MHz 50W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7644 島根県浜田市 57 59
7645 大分県大分市 47 48
7646 岩手県一関市 59 59
7647 北九州市八幡西区 59 59
7648 長崎県長崎市 57 59
7649 兵庫県西脇市 59 59
7650 京都府綴喜郡 59 59
7651 京都府相楽郡精華町 59 59
7652 高知県南国市 59 59
7653 徳島県吉野川市 59 59
7654 長崎県西彼杵郡長与町 59 59
7655 兵庫県姫路市 59 57
7656 青森県青森市 59 59
7657 札幌市北区 31 59
7658 岡山県新見市 59 59
7659 北海道亀田郡七飯町 59 59
7660 岡山市北区 59 59
7661 埼玉県比企郡滑川町 57 59
7662 北海道伊達市 59 59
7663 広島県福山市 59 59
7664 宮崎県宮崎市 59 59
7665 北海道函館市 44 59
7666 埼玉県朝霞市 59 59
7667 大阪府寝屋川市 55 57
7668 東京都杉並区 47 47
7669 大分県杵築市 59 59

20190224さいたま市西区移動運用


昨日作成したダイポールアンテナの最終テストも兼ねて、いつもの近場河川敷で移動運用を行いました。

昨日は北風が強く吹き荒れていましたが、今日はそれが嘘のように穏やかな気候となりました。
澄んだ空気で遠くの山々が綺麗に見渡せるのがこの場所での冬の特徴ですが、だんだん霞がかかってくるようになり、ヒバリの鳴き声なども聞こえて春になりつつあるのを感じます。

運用風景
真冬の澄み渡った空気で無くなってきている事から春を感じます。それでも富士山が見えました。

昨日作成したダイポールを張り、7MHz SSBでの運用を始めました。今日はノイズが強く、ノイズだけでSメーターが6〜8まで触れてしまうほどでしたが、その中でも運用している局がハッキリと聞こえてきます。

このダイポールアンテナは知人に渡すため、これで最後の運用となります。遠くの地域と交信出来た実績を作って渡したいところです。交信を始めると、中には「出力は言われるまでは気づかなかった」、「100W程の強さではないと思ったがまさか5Wとはびっくりした」などのレポートも頂くことが出来ました。

本日も全国各地から交信いただき、ありがとうございました。おかげさまで、交信実績のあるアンテナとして知人に渡す事が出来ます。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB 7MHz 5W
空中線 ダイポールアンテナ
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7606 北海道千歳市 59 59
7607 広島市安佐南区 59 59
7608 札幌市清田区 59 58
7609 青森県三沢市 59 59
7610 兵庫県明石市 59 59
7611 和歌山県東牟婁郡串本町 59 59
7612 和歌山県有田郡有田川町 59 59

20190217さいたま市西区移動運用

1200MHz帯で手軽に運用出来るようにモービルホイップアンテナを取り替えました。これまで使用していたDIAMOND SG7500は知人宅に嫁ぎ、替わりにDIAMOND SG9500Mを入手しました。また、8年程前に購入した車内配線も古くなり車内の同軸ケーブルに皮膜の損傷がある事や、長くて後部座席の足元に束ねて置いてある事もあり、ケーブルも新しく取り替えました。前の6mから4mへと全体で2m短くしたので、いざ配線するとさすがに短くしす過ぎた感がありましたが、普段使用する分には問題ないレベルです。

車内への引き込みは1.5Dから2Dとやや太くなりましたがハッチバックドアの開閉には特に支障ありません。全体的に2Dとしたため車内での取り回しは楽(5Dは硬いため車内では難儀)になりました。出力はせいぜい5W程度のため、50Wで長く運用する場合は別のマグネット基台を使うなどの工夫も出来るため2Dで良しとしました。もっとも50Wで運用する時は別のGPアンテナなどを使う事が専らです。

主に車内のUHF帯運用や航空無線ワッチはハンディ機で運用していますが、配線後のテストでSWR値も簡単に計測しておきたいため、久々にYAESU FT-817NDでテスト運用をいつも運用する河川敷で行いました。

ハッチバックドア
初回交信時から変わらないハッチバックドアを跳ね上げての簡易的な運用スタイル。

少し北風が強かったですが、車の前方を北向けにすると後ろのハッチバックドアを跳ね上げて運用しても風はさほど車内に入って来ません(アンテナは揺れていたかもしれません)。これは初回交信時から行っている簡易的にすぐ運用出来るスタイルで、少しは高さを稼げます。回転する基台なので走行中は回転させてドアと平行にしています。

FT-817でのテスト運用
FTー817で簡易的なSWR値を測りながらテスト的に運用しました。結果は430MHzでは良好でした。

1200MHzは計測出来ませんが、430MHzでは特にSWR値に問題がないレベルと判断出来ました。144MHzのSSBで交信頂いた際は少しSWR値が高かったですが、車内からこのアンテナでこのバンド・モードで運用する事はほぼないため割り切る事にします。

1200MHzは一時受信は出来ていたのですが、CQを出しても呼ばれなかったためテストまで至りませんでした。また、標高の高いところから狙っていきたいと思います。

SWR値のテストがメインな目的でしたが、多くの局さんと交信頂きました。ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-817ND
使用電波 SSB 144MHz 5W(No7586)
FM  430MHz 5W
空中線 DIAMOND SG9500M
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7586 埼玉県坂戸市 59 58
7587 栃木県宇都宮市 52 59
7588 神奈川県綾瀬市 57 54
7589 埼玉県日高市(富士山) 59 59
7590 埼玉県川越市 51 53
7591 相模原市緑区 59 59
7592 埼玉県入間郡越生町 51 57
7593 川崎市多摩区 59 59
7594 埼玉県川越市 59 59
7595 神奈川県伊勢原市 51 51
7596 群馬県多野郡神流町(赤久縄山) 59 59

20190211埼玉県比企郡小川町移動運用(第36回(2019)関東UHFコンテスト)


第36回関東UHFコンテストが今年も2月11日に開催されました。一昨年昨年とこのコンテストに参加し、昨年は430MHz帯の電信電話部門での入賞を目指しましたが届かず次点でした。

35thKantoUHFResult
昨年は目標の40,000点は超えましたが入賞(◎)には至らず次点でした。まだまだですね。

ただ、今年は1月に始めた1,200MHz帯での交信が多く出来るチャンスという意味も含めての参加です。

運用場所はここ最近良く運用している、埼玉県比企郡小川町と埼玉県秩父郡東秩父村の境界にある「七重峠(笠山峠)」(標高690m)です。登山系の地図では笠山峠と記載があったり、他の地図では七重峠と記載があったりするのですが、最近はGoogleMapでも七重峠が定着して来ました。昨年はかなり雪に覆われていました。今年も2日前に平地で一時的に雪になった事もあり、心配されたのですが殆ど降っておらず助かりました。

朝日が昇るのが綺麗に見える場所なのですが、この日は千葉、茨城方面は雪が降っているとの事で下界は厚い雲に覆われていて見る事が出来ず。どんよりとした天気が伺えましたが、運用地は天気に恵まれ青空が少し広がりました。

設営風景
車が1台だけ停められるスペースに駐車。ポールの先にアンテナを止め、5m上げて運用します。

6:30頃からアンテナの設置や機器類をセットし、7:00頃から周波数確保も視野に430MHz FMで運用を開始。各局さんから次々と応答頂き、十分に電波も届いている事が確認出来ました。

使用リグ ICOM ID-5100D
使用電波 FM 430MHz 15W
空中線 DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7301 神奈川県愛甲郡愛川町 59 59
7302 茨城県常陸大宮市 51 54
7303 さいたま市西区 59 59
7304 埼玉県川越市 59 59
7305 東京都杉並区 59 59
7306 千葉県成田市 57 53
7307 茨城県鉾田市 59 59
7308 埼玉県比企郡ときがわ町 59 59
7309 千葉県木更津市 51 51
7310 埼玉県秩父市 59 59
7311 埼玉県川越市 59 59
7312 埼玉県飯能市 51 57
7313 千葉県印旛郡栄町 59 59
7314 東京都足立区 52 59
7315 埼玉県川口市 59 59
7316 埼玉県川越市 59 59
7317 埼玉県東松山市 59 59

開始時刻の9時から終了時刻の15時まで休みなく運用を続けましたが、今年は参加されている方が少ない気がしました。

途中、1200MHzの運用も行ったのですが、メインアンテナであるX5000は1200MHzにも対応しているアンテナなのですが受信も含めて調子が良くありません。むしろバックアップでルーフにセットしたハンディホイップのSRH999の方が送受信とも良好です。そんな事もあり、1200MHzはなかなか交信に至らず4局のみのQSOとなってしまい、その分430MHzの運用時間も少なくなってしまいました。ただ、1stQSOの局さんもいらしたので貴重な運用でした。アンテナの不調はまた別の機会に検証しようと思いますが、同軸ケーブルが長い、変換コネクタなどが考えられます。

Points
15時終了時点の状況。1200MHzは交信頂いたものの430MHzのみの種目にエントリーします。

15時の終了時点で430MHz(FMのみ)の交信数は252と昨年より46少なく、マルチ(どの地域と交信したか)も125と18少ない状況でした。全体的に参加している局が少ない印象はありましたが、1200MHzで手間取ってしまった時間が勿体なかったので、次回への反省点です。事前にアンテナ調整が出来ていれば1200MHzも含めたエントリーが出来るようになると思います。

東京都マルチ
東京都で交信できた区・市・区・郡(赤字)です。
神奈川県マルチ
神奈川県で交信出来た市・区・郡(赤字)です。
千葉県マルチ
千葉県で交信出来た市・区・郡(赤字)です。
埼玉県マルチ
埼玉県で交信出来た市・区・郡(赤字)です。
茨城県マルチ
茨城県で交信出来た市・郡(赤字)です。
栃木県マルチ
栃木県で交信出来た市・郡(赤字)です。
群馬県マルチ
群馬県で交信出来た市・郡(赤字)です。

コンテスト終了後、交信数が少なく感じたためアンテナ撤収前に通常交信を実施しました。コンテストでは430MHz帯の広い範囲を使用してしまうためコンテストに出ない方にはある意味で迷惑になってしまいます。15時を過ぎるとそういった方からも応答頂け、広く交信が出来ました。

コンテストを始め、本日も多くの局さんと交信頂けました。各局さん、ありがとうございました。

使用リグ ICOM ID-5100D
使用電波 FM 430MHz 15W
空中線 DIAMOND X5000
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7574 埼玉県春日部市 59 59
7575 茨城県取手市 59 59
7576  さいたま市南区 59 57
7577 東京都目黒区 59 59
7578 埼玉県新座市 59 59
7579 埼玉県新座市 59 59
7580 千葉県野田市 59 57
7581 千葉市花見川区 59 59

20190207東京都千代田区移動運用(KITTE 6階屋上庭園)

仕事帰りに少し移動運用でもと、東京駅前のKITTEに立ち寄りました。KITTEは旧東京中央郵便局の外壁を残して懐古的な建築物と近代的なビルが同居し、東京駅丸の内によく溶け込んだノスタルジックな建物です。

以前、すぐ近くにある丸ビル運用した事がありましたが、KITTEで運用するのは初めてです。6階に屋上庭園のような展望スペースがあると聞いていましたが、まだ行った事がなかったため、立ち寄ってみることにしました。

その屋上庭園の展望スペースは「KITTEガーデン」という名称で、旧東京中央郵便局部分の屋上部分にあたり、その上からは近代的なビルが続くちょうど境目の場所でした。

周りはビルだらけなので6Fの高さだとちょっとどうかな、と思いましたが受信は比較的良好で、埼玉県狭山市からも強力な入感もあったため少し運用してみることにしました。

KITTEガーデン展望
KITTEガーデンから東京駅丸の内の駅舎を臨む。KITTEとレトロな建物同士が並びます。

屋外でもそれほど寒くなく風も穏やかだったのですが、運用を始めた頃から風が強くなり始め、アンテナが倒れたりログ帳のページめくれたりしたため、短時間で運用を切り上げることとなりましたが、2局に交信頂きました。ありがとうございました。

使用リグ STANDARD VX-8D
使用電波 FM 430MHz 5W
空中線 DIAMOND SRH789
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
7276 東京都練馬区 54 52
7277 東京都墨田区 59 59

KITTEの中に戻って東京駅に向かう途中、5Fに「旧東京中央郵便局長室」というコーナーがあり、東京駅の駅舎を見ながら休憩出来るちょっとしたスペースとなっていました。

20181231さいたま市西区移動運用

2018年も大晦日を迎えました。今年はあまりブログ更新が出来ませんでしたが、無線はボチボチと運用しています。いつもの近場河川敷で今年最後の移動運用を行いました。

昨日までは冬型の気圧配置が強く北風が吹き荒れていましたが、今日は幾分穏やかな風です。天候も良く、富士山や奥武蔵の山々、遠く浅間山まで見渡せました。

富士山を望む
富士山から武甲山などの奥武蔵の山々、遠く浅間山まで綺麗に見渡せました。

この時期は主に7MHz帯の運用となります。今日は10時頃からコンディションが上がり、いつもはスキップしてしまう1エリア(関東)なども強力に入感し、いつもは7MHzで味わうことが出来ない近距離通信も楽しめました。

Twitterのフォロワーさんにも沢山お繋ぎ頂き、今年最後の移動運用を行うことが出来ました。各局さん、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB 7MHz 50W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
6864 兵庫県西脇市 59 59
6865 広島市佐伯区 57 58
6866 札幌市東区 57 57
6867 北海道上川郡鷹栖町 59 59
6868 大阪府南河内郡太子町 59 59
6869 新潟県長岡市 59 59
6870 浜松市北区 41 59
6871 福島県須賀川市 59 59
6872 北海道 41 59
6873 福岡県糸島市 59 59
6874 埼玉県鴻巣市 59 59
6875 東京都港区 59 59
6876 東京都世田谷区 59 59
6877 長野県塩尻市 59 59
6878 千葉県市川市 59 59
6879 静岡県御殿場市 59 59

ギボシダイポールアンテナ
今年作成して大活躍した7、18、21MHzに可変するギボシダイポールアンテナ。

20180502埼玉県秩父郡小鹿野町移動(両神山)

ゴールデンウィークの前半3日間はALL JAコンテストでほぼ終了してしまいましたが今年は5/1、5/2も休みを取り9連休と大型連休です。

連休ならではの山行としてSummits On The Air(SOTA)の埼玉県山岳リストの最上位に当たる埼玉県の最高峰三宝山JA/ST-001 Sanpouyama」を検討しましたがまだ残雪がある模様。しかも春の陽気で踏み抜く危険性もあったので諦めて、No.2の両神山JA/ST-002 Ryoukamisan」に行く事にしました。こちらの山も比較的険しい山となり、低山トレッキングが最近メインとなっているため気持ちが引き締まります。

どちらも同じ埼玉県とは言え、登山道の拠点に辿り着くまでの時間も相当かかるため、連休に行きたい山と考えていました。詳しい山行計画山行記録ヤマレコに記載しております。日帰りするのはギリギリで自宅を1時半過ぎに出発。やはり登山口の山荘「両神山荘」などに前泊する方が無難かもしれません。

拠点となる日向大谷口バス停には4時半頃に到着。少し仮眠し、日の出を待って早めに出発しました。この日は午後から天気が下り坂で、午前中だけ晴れ間が覗く予報のため登頂を少し早めにしたいと考えました。

途中で鎖場や急坂を経由し約4時間歩いて両神山の山頂に到着しました。

両神山山頂
約4時間の道のりで山頂に到着。山頂はアカヤシオと思われる花に囲まれていました。

山頂に着くと雨がかなり降って来て、他にいる登山者の方も次々と雨具を着込んでいる状況でした。自分も急いで雨具を着込んだのですが、この雨で予定していた6mバンド(50MHz)での運用は見送らざるを得なくなりました。ハンディ機のVX-8Dは防水仕様のため430MHz FMだけの運用となりました。雨のため紙ログを広げる事が出来ず、iPhoneでメモをしておりましたので辿々しかったと思います。交信頂きました10局の皆さま、ありがとうございました。

使用リグ STANDARD VX-8D
使用電波 FM 430MHz 5W
空中線 DIAMOND SRH999
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
5537 埼玉県幸手市移動 59 55
5538 埼玉県深谷市 59 59
5539 埼玉県志木市 59 59
5540 千葉県市川市 59 59
5541 千葉県松戸市 53 53
5542 群馬県太田市 54 54
5543 東京都練馬区 59 56
5544 不明 57 59
5545 千葉県市川市 53 52
5546 東京都三鷹市 55 52

無線運用はすぐに時間が経過してしまうのですが、下山ルートとして計画した七滝沢コースは難路が予想されたため早目に切り上げて山頂を後にしました。

無事に下山後、車で20分程走った場所にある「両神温泉薬師の湯」で食事と温泉にありつきました。

両神温泉薬師の湯
道の駅にもなっている「両神温泉薬師の湯」。食堂もあり、休憩所で仮眠をして帰路につきました。

20180430埼玉県比企郡小川町移動運用(笠山峠)

昨日の夜まで第60回(2018)ALL JAコンテストに参加しており、暗闇の中で撤収する事が出来ないため2泊目を車中で過ごしていました。

夜中にデジタルモードでDX(海外との交信)を楽しめるかなと思っていたのですが、それほどコンディションも良くなさそうだったので、早々に打ち切って睡眠を取りました。

3日目朝
3日目の朝を迎え、早朝に7MHzの交信を実施。登山道にエレメントが架かっているため短時間運用。

明けて朝方6時頃から、元々デジタルモード用に張ったダイポールアンテナを使って7MHzSSB交信を行ってみました。夜中の運用のために張ったのでエレメントが登山道の上に架かっているため30分程度の短時間運用となりましたが、8エリア(北海道)を始め4局さんとQSO(交信)頂きました。各局さん、ありがとうございました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 SSB 7MHz 50W
空中線 ギボシダイポール
No 相手局
QTH
相手
RST
自局
RST
5531 青森県つがる市 59 59
5532 北海道紋別郡遠軽町 59 57
5533 北海道余市郡余市町 59 59
5534 北海道虻田郡(後志)ニセコ 59 59
その後、名残惜しいですが撤収です。アンテナ類や車の中の片付けなどをしていたらあっという間に2時間近く経ってしまいました。

撤収
2泊3日に渡ってこの場所で運用して名残惜しいですが、いよいよ撤収です。

撤収後、車中2泊ですっかり体が鈍ってしまったので、歩いて1時間で往復出来る堂平山へ運動を兼ねて登りました。車中泊する場合も基本的に山登りと同じ装備で臨みます。唯一靴だけは登山靴ではなくローカットのトレッキングシューズですが、このコースが整備された道である事は以前登って分かってたのでそのまま登る事にしました。詳しい山行記録ヤマレコに記載しております。

堂平山山頂
歩いて30分ほどで堂平山山頂に到着。今日はここでの運用はしませんが良い景色が広がっています。

トレッキングコースで新緑を満喫し、1時間程度の運動で体をほぐした後、移動運用した場所からいつも立ち寄る日帰り温泉の都幾川四季彩館で入浴。久々に歯ごたえのある食事を摂り、その後無事帰宅出来ました。

20180429埼玉県比企郡小川町移動運用(第60回(2018)ALL JAコンテスト)

昨日から引き続き第60回(2018)ALL JAコンテストへの参戦です。朝は4時過ぎから運用スタートしました。

2日目も天候に恵まれ快晴の1日となりました。日中は暑いくらいの陽気で、車の外にアウトドアテーブルを出しての運用となりました。アンテナに接続している同軸ケーブルはテーブルまで届かないので、リグ(無線機)の本体は車中において、リグのコントローラーを延長ケーブルで延ばしての運用です。

昨年は夕方に場所を移動しましたが、その時の反省点を活かして今回はここで最後まで運用してこのまま2泊目を迎えます。

アンテナ設置風景
今回のアンテナ設置も含めた運用模様です。場所は昨年の同コンテストと同じです。

北側にアンテナを向けたところ長野県、岐阜県、そして最長で石川県の局さんと交信出来ました。この場所での運用で過去に長野県はありましたが、岐阜と石川は初めてでした。特に北陸エリアは埼玉県から50MHzではなかなか繋がる機会がなく、それがコンテストで繋がったのは大変ありがたく、貴重なマルチでした。

20180429ALLJA_QSORateGraph
今回は夜中1時から4時まで睡眠。その後400QSOに達した18時半頃で運用終了しました。

その結果、次のような得点(自分で算出した速報値)となりました。まだコールサインのミスコピーやその他減点となる事もあると思いますが、自分としては大台の400QSOを達成することが出来ました。

今回のコンテストで交信頂いた400局の皆さん、ありがとうございました。

20180429ALLJA_Points
交信数400局×マルチ13=5,200点でした。

20180429ALLJA_Multi
赤くなっている部分が交信できた都府県・地域等です。

コンテストに引き続いて21:30からは毎週日曜の夜に実施されている「1エリア6mAMロールコール」に参加させて頂きました。自宅ではなかなか聞こえないため、今回のような移動時がチャンスです。また、今回はキー局(CQを出す局)が群馬県安中市移動とのことで、埼玉県でも群馬に近い運用場所は十分にチャンスがあります。

21時過ぎから聞いていると、まだCQを出していない頃から7エリア(東北地域)向けにCQを出している様子もはっきりと聞こえました。21時半に1エリア(関東地域)向けにCQが出たため応答したところ、この日の1番目として取って頂きありがとうございました。

1エリアAMロールコール
なかなか自宅では参加出来ない「1エリアAMロールコール」に参加出来ました。

使用リグ YAESU FT-891M
使用電波 AM  50MHz 40W
空中線 Radix RY-64C
No 相手局
QTH
相手
RS
自局
RS
5520 群馬県安中市移動 59 59